Reikibudo’s blog

オーストラリア バス旅 超意識の旅  現在地:NSW州 ペリカン・スワンシー

そう言えば死にかけた話 謎解き後編

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

前編はこちら
本日は謎解き編!
 
*********
 
10年前の初めての出産の時、

1200ccの血液を失い、
生命の危機に直面していたはずの私。
 

それなのに出産後すぐ
普通に歩く、運転する、
顔色良く赤ちゃんのお世話をする
ご飯もモリモリ食べるなど
 

医学界の常識の
斜め上の行動を取り、
医師や助産師さんを盛大に驚かせたらしいが、
 
 
退院時に初めて失血量を聞かされて、
こっちがひっくり返るほど驚いた。
 
 
奇跡は起こるんだなぁ・・・


とは思ったけれど、
理由を頭で考えてもわからないので、
 
この件に関しては
記憶の彼方に追いやっていた。


それが・・・
10年経った息子の誕生日に

あ、もしかしてこれかも!

と思う節が見つかった。
 
22619409_s.jpg

10歳になった息子が
自分が生まれた時のことを
事細かに聞いてきて、

そう言えば、
息子自身もお腹の中で
心拍が微弱になったこと、
 
私も大量出血したことを伝えると、


息子がガラにもなく

10年前の二人を応援したい
お祈りしたい
 
と言ってきたので、

二人で手を繋ぎ、
10年前の出産時に向けて

祈りと両手の力で
エネルギーを10分ほど送ってみた。

IMG_5712.JPG

終わった後、息子が


コレやってなかったら
僕たち死んでたかもね


とぼそっと一言・・・


その瞬間、
なぜだかわからないけれど感謝に溢れた。

確かにそうかもしれない。
 
私の周りでは
人智の及ばないことがよく起こるし。
 

想いは通じる・・・
 
 
想いが通じるということは
 
祈りの実験、

量子もつれ
量子テレポーテーション
という量子力学の実験結果、

全米トップ10病院における
エネルギーワークの実験においても
多数の結果が出ている事実。


10年前の私は
未来の自分や息子という
まだ見ぬ存在に
生かされたのかもしれない。
 

そう考えると
私たちの人生は、

常に過去や未来の
自分や家族が力をくれてるんだろう。 


このことを昔の人は
神様の力や奇跡と
呼んだのかもしれない。
 

この理論を学び実践すれば
 
常識の枠を超えていく
奇跡はあっさりと起こる。


今後の誕生日は
このことを思い出す
きっかけにしようと心に決めた。
 


このことを

疑って信じないもよし、

 

ちょっとでもやってみようと

動いてみるのもよしだけど、


最後に

もう一度だけ聞きます。

 

あなたには

あの時死んでても
おかしくなかったなぁ

ってことはありますか?
 
 

あるいは、

あの時辛すぎて
正直もうダメかと思った・・・
 
ということでもいい。
 
 

もしあるなら、
その時の自分に向かって
今の自分から

大丈夫だよ・・・って


応援メッセージを送ってみて。

 


すると、

「今この瞬間の自分」が感謝を感じ、

フッと軽くなるはずだから。

 
私が
10年前と変わったこと
それは・・・
奇跡はあっさり起こると
信じられるようになったこと
 
奇跡の起こる仕組みが
わかってきたこと
 
 
そして
10年前と変わらないこと
それは・・・
私はいまだに弱い人間だけど
心の底にはどこかでいつも
根拠のない自信に救われてることかな・・・
 
 
 

🚽トイレに行くたびに

悩みがなくなる無料メールレッスン💌

 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。

ブロトピ:今日のブログ更新