Reikibudo’s blog

オーストラリア バス旅 超意識の旅  現在地:NSW州 ペリカン・スワンシー

命のボロネーゼ 

お題「昨日食べたもの」

 

昨日のお昼ご飯を食べてた時に起こった

不思議な話。

 

昨晩の残り物の

豚ミンチのスパゲティボロネーゼを

外でボケ〜っと食べてたら、

 

突然どこかの小麦畑、豚、

トマト農園、そこで働く人、

工場の中の景色が

走馬灯のように思い浮かんで、

わっとビックリした。

 

要はボロネーゼの材料にまつわる

景色がブワーっと見えたわけ。

 

 

そして同時にメッセージもきた。

 
孤独なんてない。
たとえ周りに誰もいなくても
 
 
何かを食べることで
地球やその食品に関わった人との
繋がりを感じられ、
 
幸せホルモンの一つ、
オキシトシンが出る。
 
自分と他の人、
地球との境目なんてないよ。
 
何故なら私たちの体は
出ては入るエネルギーによって作られてるから❣️
 
 
とのこと。
 
確かに、目の前に置かれたボロネーゼは
いろんな人の想いと
大地の恵みによって
作られている。
 
 
それを最終的に
体に取り込むのは私。
 
 
それまで
自分の体ではなかった
パスタ麺や豚ミンチや野菜などが
 
食べることによって
自分の血となり肉になる。
 
そして排泄することによって
自分の体から出ていく。
 
 
 
だとしたら、
私の体自体は地球や人の想いという
エネルギーを通す筒で
 
エネルギーを体に通して
生きる活力や喜びを与えられているわけだ。
 
 
そのことに想いを巡らせながら
一口一口味わう。
 
私=地球=人の想い
 
が一体になっていく。
 
なんとも不思議な体験だった。
みんな一人じゃないんだな。
 
私という生き物は
生かされている、と感じられた。
 

f:id:Reikibudo:20211205080815j:plain

ま、そこから
食べるならできるだけ純粋な想いの乗った
オーガニックの方がいいよね
お肉より野菜の方がいいよね
(お肉は屠殺された動物の感情が乗ってるから)
 
とかいう話にも
発展していくんだけれども、
 
 
このエネルギー循環の
大前提を理解してないと
あんまり意味がないように思う。
 
表面だけなぞって
 
お肉は屠殺された動物の感情が乗ってるから
やめた方がいい
 
とかって思うよりも
 
屠殺された動物の身を挺した犠牲を尊び
ありがたくいただける人でありたい
 
と思う。
 
 
 
とそんなことを思いながら
夕飯時に
 
あー今日の夕飯作りたくないねぇ
誰か作ってくれんかねぇ
 
 
などと思っていると
 
その5分後に
バスのドアがノックされ
 
BBQ焼きすぎたんですが、いかがですか
 
とニコニコ男の子が
ゴハンと一緒に立ってた。
 

f:id:Reikibudo:20211205082123j:plain

 
天使か!?
心があったかくて泣ける〜
 
というこんな不思議なことも
どんどん起こるわけだ。
 
 
そういえば1年前に
そんな記事書いたはずなので
お時間ある方はぜひに。
 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

🚽トイレに行くたびに

悩みがなくなる無料メールレッスン💌

f:id:Reikibudo:20211123151644j:plain

 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。

ブロトピ:今日のブログ更新