Reikibudo’s blog

オーストラリア エネルギーワーク バス旅 スピリチュアル 現在地:ビクトリア州 マリー川沿い

統合すると何が理解できるか

あけましておめでとう!

新年一発目の記事は

統合関連の続き。

 

去年のうちに終わらせとけよ

って感じだけど、

新しい年で新しい氣分になると

わかることもあるのよー

 

っていうことで、

読んでない人のために

過去記事から貼り付けときます。

ここから直球で。

アボリジニから統合を学び

ドリーミング(世界の創造)の真髄を体感した。

 

そこから色んな情報が

ポツリポツリと浮かんでくるようになってきた。

 

以下、統合のエネルギーを伝授した

講座生さんからのやりとりメールを

部分的に引用しようと思う。

 

世の中から

なぜ戦争や犯罪が消えないのか?

なぜいじめがあるのか?

なぜ誤解されるのか?

なぜ疎んじられるのか?

 
アボリジニの先祖が白人に虐殺されたのも、
ネイティブアメリカンが虐殺されたのも、
インカが滅ぼされたのも、
ユダヤ人が虐殺されたのも
 
全部世界のバランスをとっているからです。
 
人間が、自分の中の残虐性や
闇だと思う部分を認めない限り、
ジャッジメントを続ける限りそれは起こり続けます。
 
もっと日常生活に落とし込むと、
ピーターがいらないものを吸い取っていたのも
差別があるのも、貧困があるのも
犯罪行為を起こしてしまうのも、
 
全部私たちが自分の中の
残虐性や闇の部分を認めないから、
誰かが代わりにそれをやってくれているんです。
ネイティブアメリカンでいうヘヨカの役割)
 
それをジャッジして裁き
悪だ闇だ!
戦わなければいけない!
滅さなければいけない!
 
と大声あげて喚き散らし
自分の中を見ようとしない。
 
それが偽善
 
アリやゴキブリ、ハエ、蚊、
毒蛇がみんなに嫌われて殺されるのも、
私たちの残虐なところを解放させてくれる
そういう役割なんです。
 
肉食や魚や鶏を絞めることについてもそう。
 
ものすごく深い愛で、
私たちの認めたくない部分を解放する
嫌な役割を引き受けてくれています。
これはすごいことです。
 
だから、個人がそこに氣がつくことで、
世界がいっきに変わっていくんですね。
 
そこに氣がついてから(=統合されてから)は
今後自分がいじめられたり、不幸の割を喰ったり
人から疎まれたりなどの
役割を果たす必要がもうないということです。
 
これからは太極図のバランスが取れたので、
白と黒の境目の部分
(ゼロポイント・インフィニティポイント)
いられるようになります。
ジャッジメントがなくなり、
物事をニュートラルに見られます。
 
その上で、望む現実を創造していくということです。
アセンションはまず、
この氣づきが個人レベルで起こり、
個人の生活がガラッと変わり、
次第に周りの人に波及していき、
これにきづいた人間の数が臨界点に達すると、
総合的に世の中がひっくり返ります。
楽しみですね!

 と、こういうことがわかってくる。

 

ただ、もともと時間は存在しないので

これはイエスキリストの時代から

もう既にわかっていたこと。

 

キリストはこのことをみんなに伝えたかった。

そして、自分が磔刑に処されることで

世の中のあらゆる残虐性や闇を

いっきに受け止めた。

 

だから、あなたは

その重荷を背負う必要はない。

もう恐るな。

自分が望めば

自分の生きたいように生きられる、って。

 

そして、そのことを弟子たちが

「福音」=グッドニュース

として、広く世に知らしめた。

 

私もそのうちの一人(福音を伝える伝道者)だ。

統合の体験を経て

もう恐るな、自分の生きたいように生きよ

と目撃したことを言葉で伝える。

 

きづけば、

神の国アセンション後の世界、

シャンバラは目の前にあった。

f:id:Reikibudo:20210102115215j:plain



一つ、私が追加で言いたいことは

エス自体がいつの間にか

崇められるようになったが、

エスが血と肉(ワインとパン)

を分けた本当の意味は

 

私たちの中に

エスがいるということを

知らしめるため。

 

先ほど挙げた犯罪者、

人間から疎まれる動物や虫、

なぜかいじめを受けてしまった人、

その中にイエス

「世の中のバランスを取る」

「他者の闇まで受け入れる」

性質があったということだ。

 

エスキリストは特別ではない。

その辺にごまんといる。

 

今まで

ものすごい割喰って生きてきた人は

皆イエスキリストなのである。

 

そこにきづいたら

アセンション=望む現実創造

神の国=地上の楽園が

目の前に現れる。

 

聖書も改訂を経て時の権力者たちに

いいように操作されたが、

真髄はそこだと思っている。

 

2018年には

それまで世界的な

スピリチュアルリーダーであった

ドリーンバーチューが

今までのチャネリング

エンジェルナンバーなどの手技を一切捨て、

キリスト信仰のみに変わった時

 

私は悪魔に取り憑かれたのか!

とか

氣が狂ったんじゃないか!

と思ったけれど、

 

彼女もきっとこういった

聖書の中の「本質」に

触れたのだと思う。

本当のところは知らんけど。

 

ちょっと難しい話になったかな?

今日はこの辺で。

 

今年もよろしくお願いしまーす。

 

それではまた!

今日も読んでくれてありがとう。

 

アメブロ 最近ちょこちょこ更新

(新講座・デトックスハンドセラピーのブログ)

デトックスハンドセラピーのお問い合わせ

お問合せはこちらをクリック
 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。

ブロトピ:今日のブログ更新