Reikibudo’s blog

オーストラリア エネルギーワーク バス旅 スピリチュアル 現在地:ビクトリア州 マリー川沿い

クンダリーニレイキの果て

今日のクンダリーニレイキの

フォローアップ講習で

初めてお話ししたことがある。

 

最近、タントリックヒーリングを

ゆるーく遠隔で習っているんだけども

そもそもタントリックヒーリングって

「性」のエネルギーを昇華させ、

そこから悟りの境地を体感する

という世界観のヒーリングで、

 

煩悩を否定するのではなく、

煩悩さえも悟りの手段として使うという、

俗物のわたくしにとっては(笑)

朗報〜

と思わず手を叩きたくなる

なんとも有難い感じのするヒーリングなのである。

 

世間一般の性や不妊の悩みが解決したり、

子宮を摘出したり

子宮の子育て機能が終了した人も

等しく体感できるヒーリングとも言われている。

 

 

クンダリーニレイキも

この「性・生命エネルギー」と言われる

クンダリーニのエネルギーを昇華させ、

 

レイキのエネルギーと混ぜて

自他を癒すという手技なのだが、

 

クンダリーニレイキのマニュアルからは

その「性」の部分が

すっぽりと抜け落ちているのが

前々から氣になっていた点ではあった。

 

 

まぁ、そのヒーリングのエネルギーを

「他所様」にも流すとあれば

現在の地球人の一般認識としては

「性」のエネルギーを

切り分けて考えた方が

受け取りもしやすいのだろうという

理由づけが考えられる、

 

そういうわけで

タントリクヒーリングを

習っているわけなんだけども、

 

ヒーリングの手技を

完全に習得していないにもかかわらず、

なぜかクンダリーニレイキの

自己ヒーリングのみで子宮が動き、

「脳のオーガズム」を

この間経験してしまった。

 

おそらくではあるが、

自分の潜在意識の中に強く

クンダリーニレイキと

タントリックヒーリングを結びつける

と落とし込んだことが

そのようなエネルギーを発生させたのかもしれない。

 

なので、まだ自分でも

何が起こったのかはよくわからないのだが

兎にも角にも

「脳のオーガズム」を体験して

しばらく衝撃のあまり動けなかったという

ことがあった。

 

そんな風に、

ヒーリングのエネルギーなるものも

自分の意識次第でいかようにも変わる

ということが身を以てわかった

面白い経験だった。

 

タントリックヒーリングの先生曰く、

一般的に性行為は

「ツボ押し」による刺激なので

なかなか深い快感を得ることは

難しいのだそうだ。

 

また、自分の内側の氣を使うので

消耗が激しく、性行為の中毒者は

エネルギーが多大に乱れるという

そんな話も耳にしたことがある。

 

クンダリーニレイキでその道を

開くことができるとなると、

これは研究のしがいがありそうだ、

とその可能性にワクワクしている。

 

ちなみに、

日本で「煩悩も悟りへの道」と

性エネルギーを肯定し、

説いている人は、

かの有名な空海であることを

(「理趣経」参照)

ご存知の人はどれくらいいるだろうか?

 

かくいう私も

習うまでは全く知らなかった(笑)

映画見たにもかかわらず。

f:id:Reikibudo:20200916164810j:plain

 

理趣経の解説を引用↓

理趣経は、他にはない特徴があります。特に有名なのが十七清浄句です。この部分では情交やさまざまな欲望に対して肯定的な記載がされています。これらは不浄なものではなく、そういった欲望によって人間が間違えた方向に行ってしまうのがいけないことなのだ、誤った道へ行かずに悟りへの道に精進をするべき、という旨の文章があるので、単に性を認めた経典ではありません。

 

理趣経の正式名称を「大楽金剛不空真実三摩地耶経・般若波羅蜜多理趣品」といいます。これはその名前の通り、「大きな楽しみは金剛である、空しからざる真実である、悟りの境地に至る」という意味合いがあります。ここでいう楽しみというものは一般的な感情に起因する楽しみではなく、宇宙全体がよくなるように、という楽しみを説いたものです。そして、「金剛である」には菩薩心が強固なものだという意味合いがあります。

真言宗の葬儀で読まれる理趣経とは | はじめてのお葬式ガイド より引用

 

これまで理趣経

この性の部分だけが過大解釈され、

情交や欲望を正しいとする経典と

勘違いされてしまうことが多々あったそうだ。

 

正確には正しいも誤りもないのだが、

そこばっかりという解釈も

バランスが悪いし、

そこを完全否定するという

他の宗教にありがちな考え方も

私は偏っていると思う。

 

なんのために体があるのか、

エネルギーをどう使うのか

そこを突き詰めていくと面白い。

 

今回は、

体の「ツボ押し」せずとも

パートナーがいなくとも

クンダリーニレイキのエネルギーで

「性」のブロックを外し、

脳のオーガズムから悟りの世界へと

繋がる鍵を手にしたということに

ただただ私は目が覚めた思いなのである。

 

 

それではまた!

今日も読んでくれてありがとう

 

アメブロ もう毎日更新断念

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。

ブロトピ:今日のブログ更新