Reikibudo’s blog

オーストラリア エネルギーワーク バス旅 スピリチュアル 現在地:ニューサウスウェールズ州ニューカッスル

騒動と旅の中断とバカ殿

例の騒動によって

旅が一時中断となっています。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

オーストラリアでは外出規制、

ロックダウン、州境封鎖によって

失業者が溢れかえっているという事態。

 

たまに大丈夫ですか!?

というメッセージをいただくが

私の家族には一切影響ないんだよねー

むしろ好都合に動いてるくらい。

今日はその仕組みを買いていこうと思う。

 

先日、中田敦彦YouTube大学の動画で

上がってきたアドラー心理学

動画を見たんだけど、

この中で全ての物事は自分が目的を持って

創り出しているという

「目的論」という概念が説明されていた。


【嫌われる勇気】〜トラウマは存在しない〜

 

例えば、赤面症の女の子が

「赤面症だから好きな人に告白できない」

というお悩み相談をしにくるんだけど、

 

赤面症という症状を創り出した原因は、

普通に告白したら、

振られて傷つくのが怖い、

だから赤面症という症状を創り出して

いつまでも

「これが治ったら告白できる」

という可能性の中で生きていけるという

希望を持つことができる。

 

なので現実で告白して

振られて傷つくという可能性に

直面せずに済んでいるという目的があって

この症状を創り出しているという理論。

 

なるほどね、

だからやっぱりこの現実というものは

自分が潜在意識で感じている通りに

創りだすことができるんだ。

 

これはコロナ問題も然り。

 

ということで、

私がコロナを「創造」した目的を探ってみた。

 

先立ってこの件について

ハイアーセルフとお話を。

すると、これには個人レベルの目的と

集合的無意識レベルの目的があるという。

 

まずは、

私がコロナを創り出した原因の

個人レベルからリストアップ。

 

  1. 29歳のバスで長距離移動を続けていつかバスが壊れて旅が中断されるという危機を回避することができる

  2. 子供を学校に行かせてあげてないという罪悪感をカバーする目的で、じゃぁみんな学校に行けなければその罪悪感がなくなるんじゃない!?という希望

  3. 実は定住したいんじゃないかという、安定を求める潜在意識の希望

  4. 夫の状況(免許なし・携帯なし・脱社会)に懸念を抱いており、何かこの状況を一発逆転できる事態を熱望していた潜在意識の希望

  5. イースターの時期(4月上旬から中旬にかけて)にどこのキャラバンパークも満員御礼で、バスの充電、トイレの清掃、水の補給が出来ない状態をどうにか変えたいという希望

こんな感じでコロナを創り出した。

 

そして、次は集団的無意識レベル。

  1. ヒエラルキーのトップだけがこの世の豊かさを享受できる社会に疑問。これをぶっ壊したい。

  2. そして、一般的な人は家賃、請求書、ローンという枠に縛り付けられて、ヒエラルキー構造上層部の奴隷。これをぶっ壊したい。

  3. なんでそもそも自分の国、地球という自分の星に住んでいるのにコストがかかるのか?それをぶっ壊したい。

  4. 多くの人が上(学校・会社・政府)からの指示がないと困惑してしまい、自分で考えて行動できないこの現状をぶっ壊したい

 

これに氣づくだけで

問題が問題じゃなくなるんだよね。

そしてここからがコツ。

 

 

これをやる。

 

そうしたら、何が起こったかというと、

予約でいっぱいだった

キャラバン(RV)パークが

ホリデー予約のキャンセルでガラガラになって、

サイト料金一日$62だったのが、

住所のない人に限り激安になって、

なんの問題もなくここで

しばらく落ち着くことができたり、

 

ここに泊まってる限り

トイレもあるので

未だ入手不可能なトイレットペーパーを

買わなくて済むという恩恵もあったり

f:id:Reikibudo:20200403180545j:plain

知らなうちにオーストラリア政府から

お金が振り込まれていたり

 

とにかく楽。

 

これは、私が年末年始にかけて

強制断しゃ離をして

物に対する執着や

社会的な常識を捨ててきた流れも手伝って

こんなに楽かもしれないんだけど、

 

実は今からでも全然遅くなくて

自分がコロナを創り出した目的を考えると

まず、自己受容ができるようになり、

全ては自分の思い通りになってたんだな

っていうことがわかるから

じゃぁ、これからどうしたいのかっていう方に

意識がシフトしていくんだよね。

みんなも考えてみてね。

 

あ、そうそうそれと

志村けんさんがこのタイミングで

亡くなったっというのも

一見ネガティブに思いきや

すごいタイミングで、

この薄暗いご時世に亡くなることで

追悼番組が組まれるよね。

そこで人々に笑いを届けたいという

お役目を成就されたと考えるといいと思う。

 

笑いは最高の免疫アップ行為ですよ。

 

全ては完璧なタイミングで起きてる。

 

 

 

次回の記事では

チャネリングに対する疑問と

光と闇に対することを書いていこうと思う。

 

今日はこんな感じです。

それではまた!

今日も読んでくれてありがとう

 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。


人気ブログランキング   

あなたを幸せにする財布

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

オーストラリアのプレミアムアンダーウェアブランド【MosmannAustralia】

ブロトピ:今日のブログ更新