Reikibudo’s blog

オーストラリア エネルギーワーク バス旅 スピリチュアル 現在地:ニューサウスウェールズ州ニューカッスル

ニューカッスルでの出会い

前回の記事の続きです。

reikibudo.hatenablog.com

 

ニューサウスウェールズ州

ニューカッスルに到着した後に、

一つの素敵な出会いがあった。

 

オーストラリアでは

なんとなく居合わせた人と

ついつい話し込んでしまうパターンが多い。

 

どこからきたの?

旅してるの?

子供たちも一緒なのね、へー

よかったらうちにお茶しに来ない?

 

という日本ではど田舎でしか

ありえないような事で

早速そちらのお宅にお邪魔した。

 

声をかけてくれた主は

シャロンさん66歳。

最近旦那さんを亡くしたそうで、

失意のあまり泣きすぎて

右の涙袋が炎症を起こしたらしい。

 

そういえば以前、ロックハンプトンで

大変お世話になった人も

シャロンさんという名前。

なんだか、不思議な感じだ。

ちなみにシャロンという名前は

そこまでありふれた名前でもない。

 

さて、シャロンさんは

私たちにお茶とお菓子を

振舞ってくれたのだが、

さらに子供達が喜ぶおもちゃも

たくさん出してくれた。

 

なんでもうちの子と年の近い

孫がいるそうだ。

 

そういえば、つい先日

 

たまには普通の家で

ソファーに座りながらお茶飲みたいねー

 

って子供と言ってたな。

最近願いが叶うの早くない!?

 

そして、

シャロンさんのこれまでの長い人生を

結構詳細に聞く流れになった。

 

ここから面白いことが。

亡くなった旦那さんがスコットランド人で、

その写真を見た瞬間に

 

この人、

なんか知ってる!!!

 

と、すごく懐かしい感じがした。

本当は、

この人生で会った事のない人なんだけど、

なぜか知ってるーという感覚。

 

そこで氣がついた。

 

あ、前回記事で書いた

ストーンヘンジの横にあった

ケルト系移民ファミリーストーンの前で

手がビリビリしたのって、

スコットランドからのおしらせ!?

この人からのお知らせ?

 

そういえば、私の前世は

スコットランド人で、

もしかしたら

その時のご縁なのかもしれない。

(よしだひろこ先生の催眠誘導で前世を初めて見た記事はこちら) 


話は戻ってシャロンさん。

旦那さんをなくす前から

うつ病にかかっており、

長い間苦しんでおられるようだった。

話の途中も涙ぐむことが多い。

 

私は特に何も言わず、

ふむふむと聞いているだけだ。

 

もちろん、

どうしたらいいかは知っているけど

あえて言わない。

 

そうすると、お昼ご飯が出てきた。

パイ

ポテトフライ

お茶のおかわり

クラッカー

 

勧められるままにいただき、

さらにお話を聞いていく。

すると、重大な事実が出てきた。

 

実は私、15歳の時に

実の父親に性的暴行を受けたのよ・・・

 

出たー

またしてもこのパターン。

 

そしてここから苦悩の人生が始まったそうだ。

 

18歳の時に今の旦那さんに会い、

結婚したはいいものの

旦那さんの短氣がいろんな事件を生み出し

大変だったこと、

 

子供が3人できたが

一人はドラッグ問題によって

音信不通になってしまったこと、

 

他の一人は絶交状態にあること

 

残る一人も見返りがないと

シャロンさんを助けてくれないこと

 

などなど

色々な苦難があったそうだ。

 

そんな旦那さんも5年前に

ガンの宣告を受け、

人が変わったように穏やかになり、

そこからキャラバン

(トレーラーハウス)を購入し、

オーストラリアの色んなところを旅したこと、

 

そして孫と一緒に

近くのキャラバンパークに

ほとんどの週末は泊まりにいくようになり、

とても幸せな時間を過ごせた話を聞いた。

 

ところが旦那さんの死によって

再びうつ病が発症して

泣きながら毎日を過ごしていたこと、

近所のおじさんにしつこく迫られていること

 

などの話も聞いた。

 

そんな話をふむふむと聞いているうちに

いつの間にかなんと日が暮れて、

19時になったw

 

そしたら・・・

ジントニックが出てきた!

 

あ、私、この前

 

しばらくジン飲んでないから

ジントニック飲みたーい

 

とも言ってたなと思いながら

またしても最近願いが叶うの早いわ!

と再び感動した。

 

ところがそのジントニックが、

牧場で飲む特濃牛乳並みに、ジン特膿で

オーストラリアは1杯だけなら飲んでも

運転していいので、

ま、いっかとか思いながら

飲んだんだけど、

久しぶりにガッツリ肝に

ボディーブロー喰らいましたわ。

 

ちょっとそのあとお水で休憩して

さて、帰るかってところで

シャロンさんから一言。

 

明日もおいで!

お昼スパゲッティー作るから!

うちで洗濯もしていっていいからね!

 

そして翌日もシャロンさんのお宅へ

洗濯物の山と一緒に伺うこととなった。

 

次の日もシャロンさんのお話を

ふむふむ伺いながら、洗濯したり

お昼ご飯をいただいたり。

 

ただ、私は毎日結界を張ってから

外出するんだけど、

シャロンさんの感情って結界を破って

入ってくるんよね。

強い。

たまにこういう人いるみたい。

 

その日もシャロンさんは

色々話して、泣いて

最後にはスッキリされたようだ。

 

もう話も後半に差し迫ったところから

私のクラウンチャクラがガバッと開き、

そこから濃いモワッとした煙のような

エネルギーが昇っていったのを感じた。

見えんけど。

感じた。

 

そういえば、

この前もこの感覚あったな

とふと思い出し、

私はもしかしたら人のいらない感情を

受け取って

それを空に返しているのかもしれない。

無意識でETRセッションのようなものを

やっているのかもしれない。

 

そして最後には

私の好きなラベンダーの花束をいただいた。

 

今回の出会いはお役目だったのね。

そして、シャロンさんは

2日間私たちの面倒を見てくれて

そのお返しをしてくれたのね。

 

そう思う。

 

こうして一つの出会いがあった。

 

シャロンさんとはニューカッスルにいる間に

また会うことになるだろう。

もしくは会わないかもしれない。

 

それは天にお任せということで・・・

 

お知らせ:

インドのあきこさんと市橋よしなりさんの

スターシードチャンネルのYouTube動画に出演しました。

 

今日はこんな感じです。

それではまた!

今日も読んでくれてありがとう

 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。


人気ブログランキング   

あなたを幸せにする財布

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

オーストラリアのプレミアムアンダーウェアブランド【MosmannAustralia】

ブロトピ:今日のブログ更新