Reikibudo’s blog

オーストラリア エネルギーワーク バス旅 スピリチュアル 現在地:ニューサウスウェールズ州ニューカッスル

時間は幻?

最近、時間というものについて

考える事が多い。

f:id:Reikibudo:20181230215049j:plain

時間ってなんだろう

 

と考えていると、いつもの如く

あらゆる手段で情報が次から次へと

入って来たので書いてみようと思う。

 

 

今まで私の考え

時間とは、過去から未来に向かって

積み上げるものである。

過去の原因によって未来の結果が姿を現わす。

 

というのが今までの私の考え。

だが、数年前から「今ここ」

という言葉をよく目にする。

だから色々調べはしたものの、

よくわからなかった。

 

「今ここ」ってなーん?

 

お口ぽっかーんで数年間過ごした。

 

2018年に得た情報

ところが、今年に入り

量子力学コースで「時間」というものが

今まで考えていたものとは

どうやら違うということを習った。

シュレディンガーの猫量子もつれなど詳しいことはあまり突っ込まないでおくれやす)

 

レイキでも、レイキは時空を超える、

時間というものは幻であると習った。

 

オーストラリアの先住民アボリジニ

ドリームタイムという考え方があって、

それによると

今この瞬間には「過去、現在、未来」

全てが同時に存在するという。

 

スピリチュアルな人々も

詳しい説明すっ飛ばして

「時間は幻です」とおっしゃる。

 

都市伝説系の人も

パラレルワールドが存在するという。

 

こうも多くの人たちが

現代の私たちが考える時間というものを

否定してかかってくると、

そうなのかしらんと思わずにはいられない。

 

過去に対してのレイキ

というか、

レイキやってると体感として

時間は幻だとわかる。

 

ある日面白い事が起こった。

友達に

 

今日の19時にレイキお願いね❤️

 

と言われて了解したのだが、

私がすっかり忘れていた事があった。

ところが19時半前に

その友人から再び連絡があり、

 

今日のレイキ、ビリビリ来たわ〜

特に腰!

 

と言われ、

 

あ、やべっ!

完全に忘れてた 汗

 

と慌てて言ったが、

友人はどうやら冗談と思ったらしく

お礼を言って電話を切った。

 

それから、慌てて家事を済ませ

その日の20時ごろ

その友人の19時に対して

レイキをしてみたところ、

 

なんと友人の感想と全く同じく、

いつもより強いビリビリ感が

腰の部分にあったのである。

 

そういう体感があって、

人類は時間という思い込みに

囚われているのではないだろうか

と思うに至った。

 

時間は未来から来る?

とは言っても、

私もまだこの世界のペーペーなので

全てがわかるわけではない。

いろんな情報をキャッチするが、

いくつかわかりやすい例を紹介しようと思う。

 

youtu.be

この動画。

観ていただくとわかるが

かなりぶっ飛んでいる。

でも面白いくて学びの多い動画なので

お時間ある方は是非。

 

内容をかいつまんで書くと、

 

明治維新を境に現代人の自我が目覚め、

 

自分が自分の人生を歩んでいる

 

という感覚が生まれ、

 

自分が動いて未来を作っているんだ

 

という

「地動説」のような考えが浸透したそうだ。

本当は、時間が流れて来て

自分は止まっているという

「天動説」が正しいのに・・・である。

 

10年先の「先」という言葉も、

明治以降に生まれた概念で、

本当は「先」は「さっき=過去」である。

 

またゆく年、来る年というように

本来は、時間は川の流れのように

上流(未来)から

下流(過去)に向かって流れる。

 

自分はジタバタしないで、

じっと川の上流を向いて未来を受け止める

のが本来ある姿という事らしい。

 

チャンスの神様

よく

チャンスの神様は前髪しかない

という言葉を聞く。

小さい頃から母がよく言っていた。

 

前髪しかない丸顔バブ〜の

変な神様を思い浮かべて

 

ククク・・・お母さん変な事言ってる

 

とよく思ったものだ。

ところがこれも、

この考え方だと納得できる。

 

自分が川の真ん中で

じっとしているところを想像してほしい。

 

チャンスの神様は上流から流れて来る。

ところが自分は動く事ができない。

過去(=下流)の方ばかり気にしていると

気づいた時にチャンスの神様は

もう既に自分の横を通り抜け、

下流へと流れていくのである。

 

前向いてたら、しっかり構えて

キャッチ出来たのにね。

ああ残念。

 

上流に向かって願い玉を投げろ!

ところが、動画を進めていくと、

目標を立てて、

それにしがみつくのは危険!

とかなんとか言っている。

 

なにぃ?

 

私も含めてそうして来た人は多いはず。

例えば、「なんとか大学合格」と紙に書いて

毎日それを眺めながら必死に勉強する。

 

・・・それは

「目標を立てた過去の自分」

に執着している、

下流を見てるってことらしい。

 

むずぃ。

 

あーでも引き寄せの法則でも

願いをノートに書いて忘れろって言うし

執着すると願いが叶わないって言うし。

 

なかなか子供が出来ないって悩んでると

悩みのエネルギーを発して

悩みの現実を引き寄せて

子供が出来ないけど、

 

子供いなくても旦那と二人で幸せ。

もういいや。

 

って思った瞬間に妊娠するって言う話

めちゃくちゃよく耳にする。

北斗晶さんとか。

うん、なんかわかる。

 

だから、上流に向かって

願い玉をポーンと投げると、

それが他の人の願い玉と混ざったり

自分の新たな願いと打ち消し合ったりして

願い玉は常にその時の自分にあった形で

流れて来てくれるらしい。

 

断捨離もそう。

過去の思い出で両手を一杯一杯にして

下流を見てると、新しいものは来ない。

ところが

断捨離スパーン!

とやって両手を空っぽにすると

上流から来る色々をキャッチ出来るらしい。

 

要は

それを釣れ!

ってことね。

 

面白かったのが、

何千年も昔、ブッダが投げた願い玉とか

エスキリストの願い玉とか

マザーテレサの平和の願い玉とかも

流れて来るらしい。

彼らはおそらく

物凄い腕力を持っているに違いない。

 

なんか、いいよね。

 

時間は私たちが作った概念?

それでも

「今ここ」という瞬間に

「過去・現在・未来」が存在する

という、

もう一つの意味がよくわからなかった。

 

ところが、先日その謎を

雅子スチュワートさんという

スピリチュアルなレディーが解明してくれた。

 

例えば、

私は今オーストラリア東海岸に住んでいる。

今の時刻は夜の11時だとしよう。

 

とすると日本の皆さんは夜10時である。

ルーマニアでは昼の3時

イタリアでは昼の2時

イギリスでは昼の1時

ニューヨークでは朝の8時である。

(読者の皆さんの居住地を挙げてみた)

 

私たちは、普通に時差を受け入れているけど、

これってなんかおかしくない?

 

私たちは地球規模で見たら、

「今ここ」という

今この瞬間に同時に存在しているのに、

私たちが便宜上、

時間という概念を作ったもんだから

時差のせいで時間がバラバラなのである。

 

同じ瞬間にいるのに、

日本から見たら

私のこの瞬間は1時間未来って

そっちの方が

んん?

ってなりません?

同時に日本から見たらアメリカは過去って。

 

それゆえ、

3次元の空間プラス時間=4次元

は便宜上の概念である、

今ここに過去・現在・未来は存在する

と言われるのである

 

・・・ということを雅子さんは

おっしゃっていて、

 

ああなるほど。

 

と長年の疑問がスッキリした瞬間が

とても快感だった。

 

その他にも、雅子さんは

我々はそろそろ5次元の世界に移行する

というお話もされているのだけれども

そのお話はまた今度。

 

皆さんは時間についてどう思いますか?

下流ばっか向いとったらいかんよー。

 

それではみなさん、

また今度。

今日も読んでくれてありがとう!

 

↓ぽちりんこしてくれると非常に喜びます。


人気ブログランキング   

あなたを幸せにする財布

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

オーストラリアのプレミアムアンダーウェアブランド【MosmannAustralia】

ブロトピ:今日のブログ更新